“季節を感じる料理”―ネイチャーガイドなつやすみ研修(後編)

ネイチャーガイドなつやすみの研修、昼に引き続き、後編。夜は、横浜の馬車道にあるイタリアン、Osteria Austroへ行ってきました。

ネイチャーガイドなつやすみ研修 前編『動物と触れ合う ソレイユの丘』の投稿はコチラ。

今回、何故このお店に来たかったのかというと、一番はジビエの料理が楽しめるから。という理由からだったのですが、実際にいただいてみると、それ以上に学びや気づきが沢山ありました。

きっと、自然の恵みを活かした料理を食べたり料理するのが好きな人には、ハマるお店なんじゃないかな~と思います。

まずは前菜から~

真ん中が、アマゴの南蛮漬け、続いて上から時計回りに、イノシシ肉のテリーヌ燻製ベーコン入りポテトサラダパテキハダマグロのカルパッチョ山菜入り鶏ハムヨブスマソウのお浸しミヤマイラクサのお浸し

と、さり気なく書いたのですが、 ヨブスマソウ?!ミヤマイラクサ?!せっかくなので、調べてみました。

ヨブスマソウについてミヤマイラクサについて

これらの山菜を、フキノトウを使ったバーニャカウダソースで頂きました。(これもまた初体験!)

水牛のモッツァレラチーズ
添えてあるお肉は、イノシシ肉の生ハムです。
チーズも、クリーミィで美味。

お次は、アナグマのラグーソース

代表ユウキ氏が真っ先に選びました。
味は、思ったよりさっぱりしていて、食べやすかった!

メインは、十勝和牛のタリアータ

右側の、マスタードの粒が大きくて美味!
マスタード、作ってみたいねぇ。と話していたのですが、一体、どのようにつくるのでしょうかね?

今度、調べてみることにしましょう(^^)

マスタードの近くに振りかけてあるのは、コショウではなく、山椒

ここでも山の恵みが!!
素晴らしいです。

最後はデザート。(すみません。研修といいつつ、私の誕生日なので、プレートに名前が・・・笑)

上から、グリーンピースのタルトティラミス、そして、フキノトウのジェラート・・・・(´・ω・`)

( *´艸`)はい、確かに、ジェラートの中にフキノトウが入っていました。

本来、甘いだけのジェラートの中に、ほんの少し苦みが合わさることによって、全体がキュッと引き締まるような一皿でした。

ジビエ料理と聞いていたので、ガッツリ肉料理なのかと思っていたのですが、それだけでなく、自然の恵みを味わうことの出来るお料理のラインナップ。

特に、山菜の活用の仕方はとても勉強になりました
(山菜って大抵、天ぷらとかお浸しとかが多いから)

シェフの、素材に対する愛情と、お料理を楽しむ思いが伝わってきて、とても気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。



今度は、また違う季節に行ってみたいと思います!