白馬岳主稜|残雪の春休み

DAY1 アプローチ|二俣駐車場~猿倉~白馬尻

4月後半 前夜遅くに関東を出発した僕らは白馬村で1時間半のみ仮眠、ずいぶんと明るくなったころに登山口となる二俣駐車場に到着。6:00出発で二俣駐車場から舗装道を経て猿倉、猿倉より主稜取り付きとなる白馬尻に到着。
高気圧圏内の1日目、気圧の谷で雨予報も出ている2日目。1日目で3峰まで、できればトップアウトしたいと話ながら進みます。

DAY1 白馬岳主稜|白馬尻~8峰(2237)

装備を整えて白馬尻から8:50出発。正面の斜面を1段上がって奥から回り込む形で8峰の尾根に取り付き、8峰までは白馬尻から約600mの標高差、地道に脚を上げる運動に苦しみながら12時に8峰へ到着。

DAY1 白馬岳主稜|8峰~4峰

美しい青空とうっすらとした曇りを繰り返しながらポカポカと暖かい。動くと暑い。持ってきた水が減り雪を溶かしながら水かさを上げては飲みを繰り返す水不足。
8峰より先は時折ダブルアックスで雪壁やクラックを越えながらナイフリッジの雪稜を進む、雪壁もクラックもナイフリッジも難しくはないけど絶対に失敗できない場面がずっと続く。もし失敗したら遥か下の大雪渓まで…

DAY1 白馬岳主稜|4峰~主峰

4峰より先は雪壁中心で傾斜も増し、2峰では岩のガリーの上にぐずぐずの雪が乗りクラックが走って今回最も悪かった。
主峰の60°・60m以上と言われる雪壁でロープを使おうと支点を探るも、外傾した岩にハーケンとリングボルトがあるものの使うにはいまいちな状況な上に、スノーバーでは中間支点も取れない雪質で結局フリーで登る。
主峰の雪壁は強傾斜ながら日陰のおかげかアックスの刺さりも良くなり少し安心。冬に作られた大きな雪庇はすでに無く、最後に垂直に近い段差を越えるのみ。
顔を上げて稜線へ顔を出すと、雪壁で当たらなかった陽の光に一気に包まれて祝福されるような。そんな幸せな終了点を迎えた。

目の前の山頂で写真を撮りつつ白馬山荘を越えて村営宿舎裏へ荷物を置く。
ちょうど朱く色を変えた陽に包まれる、穏やかで暖かな夕方。
喉の渇きと睡眠不足 緊張からの解放で、地酒の大雪渓がこれ以上なく美味かった。

DAY2 下山|大雪渓~白馬尻~猿倉~二俣駐車場

幕営。夜半、雨からみぞれ、雪へと変わる。強風がテントを叩く。
地上では大したことないであろう気圧の谷も上にくるとそれなりの風に。4:30に起きると未だ雪と強風が続いていた。
2日目の天候は回復基調と読み、朝食を食べ10:00まで待ち予定とする。暇を持て余し追加で寝る。良くなる気配が見えてきたので準備して9:00出発。大雪渓を覗いてみると視界もあり天気回復。雪崩リスクもふまえて最初は左岸よりに間隔をあけて白馬尻まで。
白馬尻で装備を解除して休憩。ここからは安心のスノートレッキングで猿倉まで。帰りの林道ではそこいら中に出てきていたフキノトウを少し採ったり、カタクリを愛でたりしながら二俣駐車場へと帰着。温泉に入り帰路へ着きました。