西穂丸山と焼岳

12月下旬、西穂丸山と焼岳に行ってきました。
今年初めての雪山。

DAY1 西穂丸山

1日目は西穂丸山
新穂高ロープウェイで標高1117mの新穂高温泉から2156mの西穂高口へ
北アルプスの2000mを越える高地へ気軽にワープできるのは
本当にすごいことです。

今年初のスノーハイキング。
翌日苦しめられることになる
たっぷりモフモフの雪をのんびりと堪能しながら
西穂山荘に到着。
そのまま西穂丸山まで向かうのですが
山荘を越えるとダイレクトに風雪が。

やっぱり山荘とそれ以上だと
全然環境が違うんだなぁと再認識。

西穂丸山のルートって、ホント、雪山初心者に良いルートです。
・体力を削られずにロープウェイで北アルプスの2000m以上に到達して
・たっぷり雪の樹林帯をスノーハイキング
・山荘で装備を整え、アルパインエリアを安全に体験できて
・運がよければ穂高の山々や上高地も臨める。
・降りてきたら山荘であったかい飲み物も注文できる。

西穂高ってなんか好きなんですよねー!

山のあとは温泉

西穂丸山から降りてきたら
いつも行く平湯民俗館・平湯の湯へ
昔ながらの湯治場のようで、洗い場はありません。
雰囲気がよくて古き良き温泉を感じさせます。
ココは初めてのMさんも気に入ってくれた模様。
温泉を出ると私の好きなイチイの実が…
種は毒だけど赤い部分が甘くておいしいです。

新穂高温泉から平湯に向かう途中のJAで
しのだ玉子なるものを購入!
知らないの?と言われたけどはじめてだよ!
油揚げの中に玉子が封入されているという
素晴らしい出会いでした。

DAY2 焼岳

2日目は焼岳。
ヤマカラの経験者向けツアーと日程がかぶっていたので山のどこかで
会えるはずと思っていたけど、
昨日泊まってる人はいなくて今日は山に入っている人はいないとか??
テキトーなこと言う爺さんの話を信じて登っていると…

下ってくる山田さん登場w
途中までラッセルして敗退したそう。
”ラッセル料は天引きなーw”
という応援を頂きながら、
踏み固められたトレースごちそうさまでした~。

広場からはそのトレースもなくなり
スノーシューをセット
ルートをリッジに変えて
パウダーの中をラッセルで もがく!
限りある時間を微速前進していきます。

天気も徐々に回復傾向だったので
午後にはもう少し晴れるかと思ったけど
森林限界を越えるとホワイトアウトではないけど視界悪し。

森林限界を越え
アイゼン環境に到達してスピードアップできそうだけど
山頂までの区間は視界悪く、時間の余裕なく敗退決定。
3時間かけて登ってきた斜面を1時間ない時間で
広場まで下山。

リハビリ登山としては、充分な運動強度で
雪山を満喫できたのですっきり。
また今シーズン来よう!

そう思いながら帰路につき
翌日はロープで木登り
フクロウの巣箱設置ツリークライミングへと
なつやすみはつづくのでした。